HOME > 人気の秘密 > 正真正銘の本物

正真正銘の本物

このあぶらとり紙には香川県の伝統工芸品である上質の和紙が使われています。香川から金沢の金箔打ち職人のもとに送られた和紙は、純金の粒をはさみ、上から槌でとんとんと丁寧に叩かれていきます。金が信じられないくらいの薄さの金箔に伸ばされた頃には、和紙も十分に繊維がほぐれ、少量の金の油を吸って滑らかな肌触りに変化しています。丁寧に叩かれた和紙の繊維はキメ細かくなることで、肌にも良く馴染み、油分を吸い取るのに 抜群の吸収力を発揮します。この金箔をはさんだ和紙は、香川から金沢へ、金沢から京都へ旅を重ね、何人もの職人の手を渡りながら最高の状態で包まれて京都の金箔貼り職人の手に渡ります。


たまに金箔を打つ際にはさむ和紙を、実際には金箔打ちに使わずに、素材をそのまま裁断して「金箔打ち和紙」として販売されていることがあります。 しかし、六文字屋半兵衛の金箔打ち和紙は、実際に金をはさんで叩いた後の和紙を利用しているのです。

近年は、少なくなった正真正銘”本物”の金箔打ち和紙です。


金箔打ち和紙の流れ


<前> <このページの上> <次>