HOME > 京都・西陣について > 京町屋「榎邸」のご紹介

京町屋「榎邸」のご紹介

京都市上京区五辻通りにある榎邸は深いひさし・細い柱・中庭・通り庭など,典型的な「京町屋」の造りで、京都指定文化財でございます。

間口に比べて奥行きのある「うなぎの寝床」と呼ばれる構成で,これは間口の広さで税金が高くなった時代のなごりでございます。元々は絹糸問屋として大正時代前半に建てられたもので,自宅部分と商用部分に分けられ、三つの土蔵と茶室を含む約240坪の広壮な邸宅です。

現在は六文字屋半兵衛さんの帯の展示場として活用されております。


(写真左)

深いひさしの裏側はまさに造形美


(写真右)

京都迎賓館のものと同じ方による手作りの行燈


<前> <このページの上> <次>


六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 販売元 京都はんなり本舗 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 を購入する 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 の詳細を見る