HOME > 京都・西陣について > 京都西陣という町

京都西陣という町

西陣は西陣織にたずさわる業者がいる地域、京都市街の北西部です。だいたい京都市上京区、北区の、「北は上賀茂〜南は丸太町通〜西は西大路通〜東は烏丸通」に囲まれたあたりと言われています。


西陣の歴史は古く平安時代にさかのぼります。この地域には当時、朝廷から高級織物の製作を任されていた「織部の司」という役所がありました。この組織が衰えてからも工人(たくみ)と呼ばれていた織り手たちは織部町(現在の京都市上京区上長者町あたり)から大舎人町(おおとねりちょう)に移り住んで美しい高級織物を作り続けました。室町時代の応仁の乱で東軍と西軍が争い町は焼け落ちました。しかし戦乱がおさまると職人や業者たちは京都に戻ってきます。もとの場所に近い白雲村(現在の上京区新町今出川上ル付近)や戦乱時に西軍の本陣であった大宮今出川付近で再び織物業を復興させます。この地域が西陣と呼ばれるようになったのもこの頃からです。


大陸から伝えられた高機(たかはた)という技術を取り入れて紋織を作り、豊臣秀吉などの保護も受け、そして江戸時代に入ってからもますます繁栄しました。江戸時代後期には度重なる飢饉で勢いは衰えましたが、その後文明開化の時代にヨーロッパからの最新技術を取り入れ近代化に成功、日本の伝統的な絹織物産地として全国に名を馳せたのです。


こうして現在でも高度な専門技術を持った職人が分業体制でひとつの製品を作る、趣のある町家の向こうから機の音が響いてくる伝統の町として知られています。


<前> <このページの上> <次>


六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 販売元 京都はんなり本舗 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 を購入する 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 の詳細を見る