HOME > 金箔打ち和紙のお話 > 金箔打ち和紙の再利用

金箔打ち和紙の再利用

金箔貼りのあとの和紙の再利用

香川から金沢へ、金沢から京都西陣への旅を終えた貴重な金箔打ち和紙。ただ捨ててしまうにはあまりにも心もとなく、この和紙をあぶらとり紙として皆さまに手に取っていただけたらと思います。「金箔打ち和紙あぶらとり紙」は、他のメーカーやあぶらとり紙専門店などでも販売されていますが、その多くは、金箔をはさんでいない元の和紙を加工して作られています。六文字屋半兵衛の和紙はすべて実際に金が触れ、槌で叩かれて繊維をほぐした打ち和紙で、それゆえ大量生産はできません。槌で叩く際に出てくる純金の油を適度に吸い、肌になじみやすく皮脂を取りすぎない金箔打ち和紙はあぶらとり紙として最良のものです。


<前> <このページの上> <次>


六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 販売元 京都はんなり本舗 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 を購入する 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 の詳細を見る