あぶらとり紙の原型は、金箔を叩いて伸ばす際に挟む和紙。
京都・西陣の機屋に伝わる最高級あぶらとり紙。


六文字屋半兵衛「金箔打ち和紙」

これまで、このあぶらとり紙(金箔打ち和紙)は、一般には販売をされてはおりませんでした。 岡文織物(屋号:六文字屋半兵衛)の帯をお買い求めいただいた方へ、差し上げていただけのものでした。

このあぶらとり紙は、帯の材料として欠かせない金糸や金箔の加工工程において使用される、金箔を挟んでいた和紙を裁断しただけのものです。

一般的となったあぶらとり紙と違い、大量生産されたものではありません。もともとあぶらとり紙として作られたものではないからです。『正真正銘の本物』なのです。 この門外不出のあぶらとり紙を、300有余年の時を経て、六文字屋半兵衛金箔打ち和紙の名で、京都はんなり本舗から皆様方にお届けできることとなりました。

 

 

六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 販売元 京都はんなり本舗 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 を購入する 六文字屋半兵衛 金箔打ち和紙 の詳細を見る